NEWS

248

本日12時に発売となりましたCOSMIC FARM x COCOLOGUEのWネームスナップキャップです。

COSMIC FARMさんは思わずニヤっとしてしまうようなおもしろグッズやエッジィな雑貨、DOOPな音楽まで取り扱う新潟、内野にある老舗と雑貨屋で幅広い世代を虜にするストーリトSHOPです。
フロントロゴは日本のアイデンティティと西洋の雰囲気を取り込んだ和洋折衷な仕上がりになり、
バックにはCOCOLOGUEのブランドロゴが入っています。
カラーは全3色。

実物を観たいという方は本日オープン中のCOSMIC FARMのSHOPで観て頂けます。

極少生産なので気になった方はお早めに。

 

■COSMIC FARM x COCOLOGUE Wネーム スナップキャップ
PRICE:5,400yen
COLOR:3タイプ
●BLK(刺繍カラー:WHT)
●BLKxRED(刺繍カラー:ライム)
●GRYxBLK(刺繍カラー:バーガンディー)
取り扱い店:COMIC FARM & COCOLOGUE ON LINE SHOP

 ■商品ページへ http://www.cocologue.com/product-list

■COMIC FARM  〒950-2112 新潟県新潟市西区内野町1357

 

COSMIC FARMさんのSHOPに壁画を描いてから1年越しでコラボアイテムができました。今回はWネームのオリジナルキャップです。
日本のアイデンティティと西洋の雰囲気を取り込んだ和洋折衷な仕上がりになり、粋な仕上がりなったと思います(嬉)取り扱いはCOSIMC FARMとCOCOLOGUEの2店舗のみの。
実物を観たいという方はCOSMICI FARMSの店舗へどうぞ!

今週の12月23日(祝)正午(12時)COSMIC FARMと同時発売です。
ピンマニ(ピンポイントマニア)向けに作りましたので極少生産です。数に限りがありますので、ピンと来た方は是非ゲットして頂きたい一品です。

また、本日から予約も受付致します。
ご要望の方はホームページ右上のContactよりメールして下さい。
各種SNSにて直接連絡してもらってもokです。

■COSMIC FARM x COCOLOGUE Wネーム スナップキャップ
PRICE:5,400yen
COLOR:3タイプ
●BLK(刺繍カラー:WHT)
●BLKxRED(刺繍カラー:ライム)
●GRYxBLK(刺繍カラー:バーガンディー)
発売日:12/23(祝)正午12時
取り扱い店:COMIC FARM & COCOLOGUE ON LINE SHOP

COMIC FARM(店舗住所)
〒950-2112 新潟県新潟市西区内野町1357

今日、12月16日は今も語り継がれる、元総理大臣の田中角栄の命日。

政界のゴッドファーザーと呼ばれた田中氏は新潟県柏崎市の農民の息子として生まれ、総理まで上り詰め昭和の「今大興」と呼ばれた。

これは、豊臣秀吉が百姓の身分から天下を納めた時に太閤殿下と呼ばれたことからきているそう。

新潟県民として世界的に有名な人物の一人。

僕は田中角栄という人物を選挙活動の際におにぎりの具に一万円札を入れて配ったという伝説とロッキード事件から細やかな気配りと大胆さを合わせ持つ人物像を描いている。

田中氏の恩恵は新潟県民にとって大きい。

上越新幹線、関越自動車道など新潟と東京の距離を縮めてくれた。

僕もこの機関を使い上京した。

もしも、田中氏が総理になっていなかったら、東京という街は遠い存在だったのかもしれない。

 

今日の新聞に田中氏の秘書を務めた方の記事が載っていました。

阿部政権も田中政権も経済重視の政策だったが

田中氏の政治活動については『下から目線の政治』だったと。

 

田中氏の言葉にこんな言葉がある。

「国会議員の発言は、国民大衆の血の叫びである!」

今、こんなこと言う政治家はいないですよね。

これは百姓の出だった田中氏だからこそ生まれた言葉。

大企業の恩恵を受けて総理になった方は大企業にとっての政治、政策を考える。

国民の意見は届きにくい。

当然といえばそうなのかもしれませんね。

 平民の僕からすると今こそ、田中氏のような人に立ち上がってもらいたい気分です。

 最後に田中氏の言葉の中から凛々しいやつを一つ。

 

「どんな境遇におかれても辛い思いをしても、天も地も人も恨まない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフィシャルのLINEアカウントです。 LINE内に「友だち追加+」からQRコードをを開き下のコードを読み取り友だち追加をするとcocologueの公式アカウントが表示されます。 友だち登録をしてもらったら直接、LINEのやり取りなども可能ですのでLINEで注文したいとかもOKです。(クレジット不可)

よければ是非登録お願いします。

 

寒さをグっと感じる季節になりました。地元ではこの前、雹がふり初雪とでもいうのでしょうかいよいよ冬がくるなって感じていますが、この寒さが暖かさを心から感じさせてくれますよね。
雪が積もり、雪の白さが月の光を反射して目の前に薄明かりの青い夜が訪れ静寂に包まれる季節。どこにもない。どこでもない。ただただ美しい世界。この景色をみれて良かったと見る度に思う。
寒さは余計なものを取払い、雪の白さは心を洗ってくれるような気がします。
そんな季節が楽しみでもあり難儀でもあり。

まとめると何事も楽しみをみつけ乗り越えていこうということです。はい。

さて、最近は個人的なプロジェクトを進行中です。
題して「7DAYS TOWN PROJECT」これは僕の生まれた町「七日町」からきています笑
地元に戻ってきてからコツコツやっているのですがもうすぐ1年が立ちます。途方に暮れながらもなんとか進んでいます。
来年には一つのカタチとしてお知らせしたいと思います。

もう年末なので師走とでもいうのでしょうか、年内中にどれだけやれるか自分との勝負です。NEWSも間があいてしまうこともあるかと思いますが節目はきっちりUPします。
残り1ヶ月あまりですが、良き年を迎えれるよう焦らずじっくり走って行きましょう。

それでは。






2007年に作成したDead Stock コラージュポスターです。約8年の保存期間を経て再販します。
題名は「FREE」サブタイトルは[自由の奪還]
8年前に作成した時は全く別の意味で作成したポスターが今はフランスへの追悼の意を表しているように思えました。Dead StockのポスターはこのFREEを含めて全3部作。ストック分がなくなり次第終了となり以後、再販はしません。

■Dead Stock Collage Poster [FREE]の詳細について

http://www.cocologue.com/product-group/5

 

依頼を頂きスケートデッキに描きました。

地元に来てから何故かスケートとの出会いが多くてスケーターを眺めながら滑れるのいいなぁと思っていました。

昔、ブレーキも知らずに酔っぱらってダウンヒルした時、死ぬか!と思った経験がありそれから手を出すことはなかった。。のに最近スケートの楽しさ怖さ味わっています。

楽しさを知ったのはランプでした。ハマってしまいましたね。

スケートボードに絵を描きたいなと思っていましたが、スケートのスの字もしらないのに描くのは自分のスタイルに反するなぁと思ってずっと描かずにその気持ちを抑えてました。

先月スケート楽しすぎてもっと滑りたいウマくなりたい!ってなって滑ってそれでケガしたんです笑

左膝がぐにぁって。靭帯をやってしまって。まともに歩けなかったし座れないし足曲がらないし。

一生このままだったら?とか不安になったり笑

でもその時気付きましたね。俺何やってんだろって自分のやるべきことは何?って。

だから気付かせてくれたスケートが逆にもっと好きなりました。

次からは無理せずに自分のレベルにあった楽しみ方しようと思っていますが、またやっちゃうんだろうなって思います笑

とりあえず膝なおるまでおとなしくしてます。はい。

今後、オリジナルデッキも出しますので宜しくお願いします。

今回のオーダーはSCALE.incさんからご依頼をもらいました。

ご希望の方いれば描きます。

 

 

 

 

 

 

P.L.SMRIのフリースブランケットです。
サイズは約100X70cmで一人用です。ライトなフリース生地なのでコンパクトに畳め、持ち運びもしやすく便利です。

 

屋内はもちろん屋外でもちょっと寒い時に気軽に使用できるポータブルブランケットです。

 

 



■Portable Fleece Blanket [P.L. SMRI]

http://www.cocologue.com/product-list

 

 

PL.SMRIのインディゴ染めのスウェットです。

クルーネックタイプとジップアップパーカーの2種類を6色のプリントカラーの中からお好きな色で

オーダーメイドできます。
生地はしっかりしていてこれからの季節にぴったりですが、裏面はパイル地(タオルのような)なのでオールシーズン対応可能。シンプルなスタイルとインディゴ染めの特徴でもある風合いの変化が愛着心を湧かせ長く着て頂けます。

 

 

 

それからオータムキャンペーンのお知らせです。

 

 

パーカー or スエットを購入頂いた先着6名様に「PL.SMRI」のシルクポスターをプレゼントします。

サイズはポストカードくらいで卓上に飾れるプラフレーム付き。

 

色は選べません。届いてからのお楽しみでお願いします。

なくなり次第終了です。

 

 ■Order Made Original Print Indigo Denim Paker & Crew Sweat

http://www.cocologue.com/product-list

 

オーダーメイドのハンドメイドデニムクッションです。

しっかりとしたデニム生地を使用し、オリジナルのモノグラムをプリントしました。

ジーンズと同様に洗う度に風合いが変わり長く飽きのこない所もポイントです。

サイズは2種類で親:約45 x 45 cm、子:35 x 35cmです。

※サイズは生地の特性により若干変わります。

 

 

 

 

今回はオーダーメイドにてお好きな色で作ります。

カラーは全6色。部屋の雰囲気に合わせたり、欲しい色を加えてみてもいいですね。

 

 

 

ちなみに「親子セット」販売も行っています。

セットで御注文頂くと送料無料です。

そちらも是非ご利用ください。

■nonukegram Cushion

http://www.cocologue.com/product-list/12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日に行われた新潟県の村上市にあるCLUB UNDERの3周年記念パーティー。

たくさんの人達に祝福されてあったかい日でした。

新潟に戻ってきて1年くらいですが、その中で村上という言葉に接する機会は多かったです。

なんでしょう。居心地が良いというか。自由なんですよね。

そしてキャラが濃くてみんな面白いんです。

最近、ふつふつと思っている集まる場所について憧れ。

年代関係なく集まれる一つの場所を自分で創ってみたいなと。

それこそキャンバスなどの枠を超えた一つのART作品になるのではないかなと。

 

 

今回のライブペイントで描いたUNDER3周年記念の「庵田村神様」です。

この絵はいろいろと意味を含んでいて、江戸時代から伝わる判じ絵という手法を僕的に解釈して描いています。

簡単にまとめるとにかくメデタイ日を祝福した作品です。

今回のライペで一つ確信に繋がる出来事がありました。

どんなこともやってみなければわからない。

これに尽きる。

 

 

3周年を向かえたUNDERこれからも楽しいパーティーがたくさんあるようなので

まだ、行ったことのない方は何かの機会に是非遊びに行ってみてはいかかでしょうか。

 

■UNDER

新潟県村上市仲間町522−10

(洋服の青山の裏)

 

 

 

 

今週の土曜日にCLUB UNDERが3周年を向かえます。その記念すべき日にライブペイントすることとなりました。

当日は御ニューを含めた作品展示とグッズも少しもっていく予定なのでそっちも是非観てやって下さい。

また3周年を記念した作品もお楽しみに。

UNDERの日々進化する爆音オリジナルサウンドと共に描くのが楽しみです。

今週土曜日は乾杯ですね♪

 

 

■UNDER

新潟県村上市仲間町522−10

(洋服の青山の裏)

 

シルバーウィークも終わりましたね。

新潟県の小千谷市にて開催されたPUNK,HARDCORE,ROCKのフェス「坂詰GIG」にてライブペイントをしてきました。

まだ、余韻の残ってます。

 

 

前回のNEWSでも紹介した新潟のHARDCOREPUNK「SOCIAL DESTROY SS」のレコ発ということでお祝いに行った

訳ですが、二日酔いにて彼らのライブ中は電池切れにて候。

Tシャツ完売、CDも良い反響だったようで何よりです。

 

PHOTO: KLAXONS

 

 

これは〜初日に呑んだやつです。

気付ば周りに誰もおらず、霧の中一人で立っていた事を覚えてます。

僕は普通に呑んでたつもりが、気がつくといつのまにかスパークしていたみたい。

酒のせいにしときますね。楽しかったのは確実なのでそれだけが救いです。

 

 

 

PHOTO:切腹ピストルズ

日本の精神は今、どこにあるのだろうか。と。忘れてしまっているのか、気付いてないのか。はたまた無い物ねだりだったりもしや既にある物ねだりだったり。

今、ふつふつと沸き起こる日本人としてアイデンティティ。

切腹、初めて見ましたがやられました。

 

PHOTO:DERIDE

最後は小千谷のバンドで最高のシメ上がり。

OLD SCHOOLに爽やかさを感じるシャウトとテンション。

息を着かせぬ疾走感が心地よくて格好良かった。

 

 

山本山山頂の夕日。すすきがあいまみあって情緒醸し出す瞬間でした。

既に来年も楽しみです。みなさんも機会あれば是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末はシルバーウィーク。

その最中9/20.21は新潟県の小千谷(おじや)市にて今年で17回目となる「坂詰ギグ2015」が開催されます。

この野外フェスは東北大震災のチャリティGIGで入場無料。ロック、ハードコア、パンクなどハードでロックなパンクフェスで個人的にも上がる2DAYS。

その坂詰ギグにて新潟のハードコアパンクバンド「SOCIAL DESTROY SS」のレコ発も行われます。

彼らの1st ALBUM 「NIGHT ROBBER」のCD、プロダクトのALL ART WORK全て手掛けました。

彼らのライブ撮影から始まって、CDジャケットはアルバムの曲を延々と聞きながら3人をイメージして作ったオリジナル書き下ろしです。

アルバムタイトル「NIGHT ROBBER」=夜を奪うもの)という意味を彼ら

音楽性と共に表現できたかなと。

会場ではTeeやバッチなどのマーチャンもあるので是非チェックしてください。

僕はこのイベントで柏崎のスケートクルーFREEDUM ZIONのパークにまったりゆっくりライブペイントする予定です。

最後に僕が撮ったSOCIALの写真を何枚かどうぞ〜

(バンド関連のみなさん写真撮影のご依頼も受け付けております笑)

みなさん良いシルバーウィークを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■FACE BOOK/SOCIAL DESTROY SS

https://www.facebook.com/#!/SOCIAL-DESTROY-SS-492218847469656/timeline/

 

 

 

今日は9.11です。ニューヨークのツインタワービルのテロが起きた日。

僕が初めてNYへ行ったのはテロのすぐ後でした。

正直、怖かったし自分の想像を遥かに超えていたことを毎年思い出す。

上の写真はテロから6、7年後のツインタワービル跡地ものです。

プライベートでNYを訪れた2006年の夏に撮ったものです。

今日のNEWSはこの時の写真を何枚か載せてみようかと。

 

                                                   [ブルックリンブリッジからのマンハッタン]

僕の作品の中にある時事的なものは9.11の衝撃が土台となっています。

あの時、現地の人達、アメリカ全体の悲しみが怒りへ変わっていると肌で感じた僕は戦争が始るという

胸騒ぎと報復は悲しみを更に増やすのではという不安や焦り、追悼の思いが溢れ出てきて代表作「NOWARLISA」が誕生しました。

ニューヨークのテロをきっかけに生まれたその作品はいつのまにか、母国の危機にも直面し、現在でも必要としてくれる人が

いる現実の意味を思う日々。

 

                                                                          [マンハッタン/SOHO地区]

NO WAR NO NUKESなんて言わなくてもいい日はくると?

悪魔化した人は戦争をしないと気が済まないんでしょう。でしょうといっても僕もその気持ち理解できませんが

何かが狂ってる。いや何かで狂っている。その中の一つにマネーがあるのは確かだと。でも狂るときってありません?大小、個人差ありますが。

この世のほとんどは闇。悪過ぎるのでそこに光を与えた。それが正義というなのやつ。もともとほぼ闇なのです。(これは宇宙全体から考えられたという説もあるみたいですが)という考え方あって。ハンドラの匣みたいな。あるなって思う節もありますね。

 

だれかの為に何かをしてあげたいという気持ちは本当だけど、その気持ちが生まれる前には何か悪い事をしてしまった反動があったりすることもあったり。

ちょっとネガティブですが、ネガティブもポジティブも紙一重というか、そういう気持ちの反動を持ち合わせる人間という生き物の

未来って行き着く先は闇なのか、光なのか。。とか。

嫌いじゃないですこういう想像力の話、むしろ結構好きですね。

 

                                                                                                             [SUBWAY/14Street]

結局のところ結論は分からない。巡り巡って現実に辿り着き、今できることやるしかないという落ちどころへ。

僕の考え方ですが、未来だけを観て生きることなんてできなやしない。

全ては過去から成り立っている。過去があるから未来を見れる。

だから、過去どうやってきたかを自分から自分を学び、今この現実をどう大事にするかをいつも忘れないように

生きている日もあるし忘れてる日もある訳です。

 

                                                                             [SUBWAY/N TRAIN 内]

生きていく上で環境の変化って大事だと思っている。というよりやっぱり飽きてしまうんだろうなって。

飽きたら自分で環境を変えるしかない。すると今まで見えなかったものが見えてくる。

今まで気にしてたけど、一体それってなんだったんだけ?いらないわ。みたいな。

人生はどんどん削っていくものだと僕は思います。

削って削って最後に残ったものこそ本当に大切なもの。

それが人生の答え。是非それを観てみたいし感じてみたいものです。

でもそれは誰にもわかりません。けど、それを感じる為には生きるしかない。

生き抜くしか。

この人は白昼堂々と。立ちションは捕まります。平気で牢屋へいれられますので気をつけて下さい。

このときではないですが、夜クラブ帰りに立ちションをポリに見られてかなりしつこく

追われました。懐かしく今思えば笑えますが、その時は必死で。でもベロベロでなんか笑えてくるし

ランナーズハイも混じって最高でした。

他にもおもしろ写真たくさんあるのですがいつか今まで撮りためた写真展もやりたいなと、その時まで。

という訳で最後はなんの話なのか分からなくなってしまいましたが今日は2015年の9.11です。

さて作品つくろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいTee発売です。先日、新潟村上市で行われたFURUSOMA2015にて描いた作品を落とし込みました。

2020年の東京オリンピック。

国立競技場の建設費が最初2000億円くらいでしたっけ。それが1000億円くらいに減額されましたね。

国民の声を聞いたカタチになっていますが、当然でしょう。

そのお金は国民から集めた税金ですよね。

震災の悲しみを払拭する意味もあるオリンピックなのでしょうが、視点を変えれば利権と金儲けのお祭りにも見える。

その前にやるべきことないの? と。

なんならその減額された1000億円を福島の原発事故に当ててもらえないでしょうか。

切にお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LIVE PAINT:MISO x なめ蔵 x 8 GOLD HEARB x 私

 

FURUSOMA2015にてライブペイントしてきました。

FURUSOMAは今年で3年目となる新潟、村上市のイベント。

前日から当日開演までは雨で、イベントが始ると今までの雨が嘘のように晴れ楽しくなる予感しかなかった。

電波も届かない山の中で解放感に包まれながらのスタート。

とても自由な空間を楽しんでしまい撮ったはずの写真はほんど消えてしまっていて手元に残っていた唯一もの。

楽し過ぎました。

 

FURUSOMAとは妖怪の名前だそうで、昔、自然界の木鳴りなどを起こすものとされていたと。

ライブペイントで突如現れたこれは妖怪「古杣

時はいつの間にか過ぎていく、その全てを出し尽くせと。

そんな風に「古杣」に言われた気がした。

FURUSOMAにてたくさんの出会いがありました。

このイベントに参加出来て本当に良かった。

最後にイベント主催者、UNDERのみなさんありがとうございました。

これで僕の夏を終わらせてもらいます。

 

今年の夏は約1ヶ月の中で全部で4本のライブペイントをやらせてもらいました。

「BEACHI DE SAUNA」新潟,関屋浜、「音楽浄土」福島、会津坂下、「遊和祭」新潟、鹿瀬、「FURUSOMA」新潟、村上

それぞれのイベントでそれぞれのやり方で、それぞれの自由を表現している。

その中の一部としてARTがどういう意味を持っているのか、ずっと考えながらやってきました。

それぞれのイベント雰囲気と人と人がつくる流れ。波長が合う時も合わないときもある。

今の自分の弱さも、強さも。今年のライブペイントで見えました。

今年もあと4ヶ月で終わりを向かえます。

2015年の自分をあとどれだけ磨けるか。

 

最後に改めて誘ってくれた主催者のみなさんへ

お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

今年の夏を消化してまた、新しい自分を見せれるように。

今日も生きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊和祭2015にてライブペイントしてきました。

遊和祭は新潟阿賀町の津川~三川~上川〜鹿瀬の4カ所を巡るフェスで町おこしの一環から始ったイベント。

名前の通り遊ぶことから学び、繋がる輪と平和への願いが詰まった心地よいイベントでした。

 

 

なんだかお決まりになってきたSOCIAL DESTROY SSのDr.TAKESHIへのモヒカンペイント。

今回はSOCIALカラーでペイントしました。

彼らの1st ALBUMが来月発売されます。そのART WORKをすべて担当させてもらいました。

時期をみて紹介しますのでお楽しみ。

 

 

 

今回のライブペイントは3人で作成しました。

この子はセナくん。途中「もうダメ」とパパに言われても「いや〜!」って言って描いてくれた。

その気持ち、純粋にそして無益に描く姿から考えさせられました。

 

作:私 x 海キノコ x セナ

 

 

 

そしてこの阿賀町には、辛く深い歴史がある。

今は美しく大自然を見せてくれる阿賀野川。

ここは新潟水俣病の発祥地でもある。

かつて高度成長期の日本が経済を優先した結果、その大きな代償を国民が背負ったのだ。

阿賀野川の光と影。

今の日本はどうだろうか?

子供達の未来は僕らの手の中にある。

 

 

最後、主催者でもあり阿賀町出身の「ほの穂」によるファイヤーパフォーマンス。

思いよ届け、元気玉!

みたいに見えた。

最後に「遊和祭2015」感動をありがとうございました。

 

そして、今週の土曜日は新潟の村上市で行われる野外フェス「FURUSOMA2015」にてライブペイントします。

.「FURUSOMA2015」 8月29日(土)南大平ダム湖公園キャンプ場

OPEN 11:00~ 入場無料 飲食物持ち込み可

 

 

 

 

明日は新潟、阿賀町にて開催される「遊和祭2015」にてライブペイントします。

阿賀町を旅しながら開催してきた祭、遊和祭は、津川~三川~上川と旅を進め
最終目的地、鹿瀬にてラストを向かえます。

終わりは始まり。

最後の遊和祭を楽しみます。

●遊和祭 2015●

◆日時
8月23日(日)
11時~20時
入場無料

◆場所
レークサイド角神
〒959-4302 新潟県東蒲原郡阿賀町鹿瀬11540−1

◆出演アーティスト
<live>
※タイムテーブル順
●津川民謡保存会
●哉利亜
●とっと×竹中大地
●哀愛憂
●SOCIAL DESTROY SS
●phoka
●DICE
●MC RARI×blue-k
●ちだ原人NUTS
●KAT da HidePoet
●和太鼓奏者 RYOJIN×ほの穂

<DJ>
●栗太知尚
●HISUI

<LIVE PAINT>
●Yohei Cocologue Sakai

<CANDLE DECO>
●Haloキャンドル

◆出店
<飲食店>
●七福荘
●SOILcafe
●越後のしょうゆたい焼き
●アロイ
●旅人おつまみ
●Bar遊和祭実行委員会

<物販>
●工房るるの小屋 (雑木の器)
●八米 (蜂蜜)
●木こり屋(木製オブジェ、アクセサリー)
●ナガッチョさんのポストカード(イラスト入りポストカード)
●Art_Hearty (リラクゼーション)
● エスニック&カジュアル select shop A-zu (アジアン雑貨、服)



遊和祭web
http://yuuwasai.jimdo.com/