NEWS [黒か白か展/続編に御来場頂きました皆様ありがとうございました]

 写真:ヤマクラコウジ

 

 

1..2..3..と流れていく事、人、時。到底「全て」なんて手に入れるを事を必要としない日々の欲望と希望の中で、どちらを目指してい行くかそれぞれ。「どれどれ一つやってみるか」と背中を押してくれる応援と期待に応えたいとオリンピック選手に重ねて自分の弱さに鼻を摘む。そんな中、チカラを与えてくれる身近な存在と、これが好きなんだという不確実な確信。

キミはどっち?  

問われるような「黒か白か」

わかるよ。割り切れないことも。その中に生まれる灰色も。大人になって身につけたその技も今となっては愛おしい。

嫌気がさす冬。でも真っ白な世界を毎年楽しみにしている。

心を洗われる感覚がほしい。この世は黒。黒があるから白が美しく見える。

嫌、白があるから黒が美しく見える事も。

俺は生きている、嫌、俺が生きている。確かに。でも生かされていると考えると物事に対して紳士に向き合える気がする。この違いは一体?

 

大都会じゃなきゃ味わえないものがある。言えば味わなくて良いモノもある。田舎でしか見えないものもある。別に見なくて良いモノもある。

でも、最初はみんな田舎から始まったんだよ。田んぼや畑からね。

この道はどこまで続くのだろうか。

ここは終着点ではないよ。もちろん。でも荷を降ろせ。燃やせ。

雪原に火を灯すように静に。今は静かに。

新たに開く扉。未知なる道へ進む為に。

永遠という幻の今に希望を重ねる白。

苦悩の日々に重圧の黒。

逃げ込む先、許せ灰色よ。

ありがとう。

 

 

Title : 道@NY