NEWS

265



お陰様で僕のアトリエが3周年を迎えます。
これを記してグループ展を開催致します。
是非、ご来場下さい▼

大蔵家Atelier&Gallery
3th Anniversury
Group ART Exhibition『1』

[introduction]
絵描き、写真家、造形家、漆職人、彫師、音楽家、アパレルデザイナー、花屋、多肉植物家など様々なカルチャーから総勢19名のアーティスト達が集う大蔵家の記念展。
コンセプトの『1』とは
1人1点限りの展示を意味し
その1点はアーティスト達の”今”をシンプルに物語る。
それぞれが創り出したその『1』とは?

▶期間:2019/4/28,29,30
▶会場:大蔵家Atelier&Gallery
▶住所:新潟市秋葉区七日町1010
▶時間:11時〜19時、最終日11時〜18時
▶入場無料
▶info:www.cocologue.com


egh
ウミきのこ
GARU[金沢]
KEI -confetto verde-
spinam
suzuki shintaro
923
CRAZY ATTACKER
クロダモモコ
namezo JPN discotekko
PAINTER'S DELIGHT[水戸]
poc
彫昂
ヤマクラコウジ
黄泉
Yuto
Yohei cocologue Sakai
LITTLE YORKE
渡辺丈夫

▶4/28

Takio
UCHU

TORINORI

▶4/29
〈DJ〉
カンパリ
kanpero




さて今日から4月です。
今月は僕のアトリエ大蔵家が3周年を迎えます。
これを記念してグループ展を開催する事になりましたので
お知らせ致します。
県内外から総勢19名のアーティストが出展します。
期間は3日間です。




大蔵家Atelier&Gallery
3th Anniversury
Group ART Exhibition『1』

[introduction]
絵描き、写真家、造形家、漆職人、彫師、音楽家、アパレルデザイナー、花屋、多肉植物家など様々なカルチャーから総勢19名のアーティスト達が集う大蔵家の記念展。
コンセプトの『1』とは
1人1点限りの展示を意味し
その1点はアーティスト達の”今”をシンプルに物語る。
それぞれが創り出したその『1』とは?

▶期間:2019/4/28,29,30
▶会場:大蔵家Atelier&Gallery
▶住所:新潟市秋葉区七日町1010
▶時間:11時〜19時、最終日11時〜18時
▶入場無料
▶info:www.cocologue.com


egh
ウミきのこ
GARU[金沢]
KEI -confetto verde-
spinam
suzuki shintaro
923
CRAZY ATTACKER
クロダモモコ
namezo JPN discotekko
PAINTER'S DELIGHT[水戸]
poc
彫昂
ヤマクラコウジ
黄泉
Yuto
Yohei cocologue Sakai
LITTLE YORKE
渡辺丈夫

▶4/28

Takio
UCHU

TORINORI

▶4/29
〈DJ〉
カンパリ
kanpero

画面で見る、知る情報が当たり前の中で実際に手に取って見る知ると言うワンテイクある事でその発見の価値は変わると思う。アナログ時代をずーとこなして来た人類からの急激な進化は便利という甘い誘惑とどう付き合うのかな。
良い事も悪い事もそれぞれある訳だけど、僕は自分の好きだと言う感覚を大事にしていきたい。紙媒体が淘汰されて行く今、実物の価値が見直されているのも確かに感じる。
新潟のカルチャーを打ち出すフリーペーパーCUTINに作品とインタビューが載っいます。3月号でそろそろ新号が出る頃かと思いますが、
ファミリーマートやツタヤ、県内SHOPにてゲットできるようです。

忘れる事などできない。

あの時思った事が今の自分を育んでいる。

全ては儚く消えさる事があるという真実に挑め。

明日が来る。どうなっていても。どうあがいても。

あがけるだけマシか。

 

絶する境地と人の命と。

生まれる命と平和な時と。

瞬で交差する現実を。

生きる。

 

僕の代表作でもあるNOWARLISAをリバイバルした

『NOWARLISA of Rebellion』のポスターを発売致します。

ポスターの発売は久しぶりとなりました。

こちらはサインを入れ額装してお届けします。

サインは気分で感じが変わる事がありますがちゃんと書いて送りますのでご了承くださいm(_ _)m

額はワイドとタイトの2タイプあり、それぞれホワイトとブラックをご用意しました。

↑はタイトタイプ。↓はワイドタイプです。

 

「Rebellion=反乱」

NOWARLISAが燃えている。

戦争の無くならない世界に対して

生み出した自分自身に対して

僕はこの作品の意味を探しています。

 

 

近々新作のポスターを発売致します。

タイトルは「NOWARLISA of Rebellion」

訳は「NOWARLISAの反乱」です。

 

 revealsoon...



遅れましたが今年も宜しくお願いします。
春に向けて色々と企んでおります。

 

 

 

 

 

さて次回の展覧会の内容がまとまりましたのでお知らせさせて頂きます。

今回のコンセプトは「多肉多汁植物×ART」

僕自身初めて植物とのコラボ展示になります。

なぜ植物との展示に至ったかですが、今年の1月に開催した「続・黒か白か展」を見来てくれた方で植物の栽培販売しているプラントブランド「spinam」さんから、植木鉢のデザインを作ってもらえないか?というお話から始まりました。

正直、植物に対しての知識も興味も薄かった訳ですが。

もちろん樹齢何百年、、何千年の植物に対してや

雑草のように出てきては刈り取られ、除草剤を撒かれ、それでもコンクリートを押し上げて生えてくる生命力などに漠然とした「凄み」を感じることはありますが、

それは自分とは全く別つ世界のモノに対する到底理解できない遠い遠い感情でした。

 

けれど、感情は変わっていく。

 

spinamさんの扱う植物は多肉植物で、その中でも「アガべ」という品種が多く、日本では別名「竜舌蘭」とも呼ばれる。

この植物は「百年に一度きり、花を咲かせる」という逸話を持ち、

開花後は死ぬ。

そして世代交代していくそうで。

 

 

この時、僕の「命の境界線」は破壊されました。

 

人の人生と重なったのです。

正に、理想とする生き方と。

 

 

人は人、植物は植物であり、それぞれは別々の世界のモノで、交わることなどありえないと思っていた。

でも、全く別の感情が湧いてきた。

人も植物も一つの世界に存在していて、人によって考え方や生き方が違うように

植物にもそれぞれの考え方や生き方があるんだと。

それに気づけた事は、個人的に凄く意味ある事で、人生に置いて大切な1ページを刻ませてもらいました。

 

そしてあの成り立ちにも興味をそそられる。およそ今まで見てきたサボテンのようなものとも一線画す、

歪な「棘」

一言に棘と言っても色、形、歪みなど多くの姿が存在している。

このハードコアな姿と僕の生み出す作品が、マッチした事が今回のコラボに至った理由でもあります。

 

そんなこんなにより、この新たな感情の芽生えを作品に表したいなと思い今回の展覧会を開催することになりました。

きっと今までの展覧会とは違った世界感になると自分自身も楽しみであります。

今回の企画を育む中で僕がそうであったように

アートに興味がなかった人が、アートに興味を抱いてもらえるような

そんな展覧会になるといいなと思っています。

 

今回は2週に渡り、週末の土曜、日曜のみの開催となります。

平日のアポイントでのご来場は今回受け付けておりません。

土曜は21時までとなっておりますが、前日までにアポイントを入れてもらえれば夜遅くでも来場可能です。

オールナイトでやりますよ笑

それでは、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

Collabo ART Exhibition『多肉多汁植物×ART』

 

「introduction」


百年に一度、花を咲かせるという逸話を持つ植物。 


開花後は死に、世代交代へ。


人間の人生と重なる生き方に、私は「命の境界線」を破壊された。


今回は、spinamとYohei cocologue Sakaiのコラボレーションによる鉢『spinam pot』の販売を記念し「多肉多汁植物×ART」の展覧会を開催致します。

               

                                                                           ー大蔵家Atelier&Galleryー

 

♦期間:2018/10/13,14,20,21

♦会場:大蔵家Atelier&Gallery

♦住所:新潟市秋葉区七日町1010
♦時間:土曜/11時〜21時,日曜/11時〜18時
♦入場無料
♦info:www.cocologue.com

 

<spinam>
『Living with cool plants』がコンセプト。国内外から厳選した植物を栽培及び販売している。
現在はアガベとブロメリアに力を入れており、新潟市内の150坪温室にて栽培をおこなっている。
また厳選した植物のためのオリジナルデザインの鉢や雑貨を制作。
新潟市東区の花屋コンフェットベルデにて定期的に販売会を実施中。

 

<Yohei cocologue Sakai>
新潟生まれ。1999年に上京し、アパレルショップのバイヤーとして2001年、ニューヨーク同時多発テロの1ヶ月後に初めて渡米。
現地でテロに関する壁画を目の当たりにし時代と共に歩むアートに衝撃を受ける。同時期にHARD COREバンドのVoとして音源をリリース。
アパレル職と音楽活動に終わりが訪れる頃、自身に影響を与えた「音楽、ファッション、 ART」を核にプライベートブランドcocologue[ココローグ]を2006年に立ち上げ、
グラフィックデザイナーとしても活動し、ミュージシャンのCDジャケットや企業デザインなど数々の作品を作る。
2014年頃から絵を描き始めると共にアート展を企画するキュレーターとしても活動。同年に帰郷し、

近年、秋葉区にAtelier&Gallery 「大蔵家」をOPENさせる。
2017年に海外進出し、NEWYORKにて開催された音楽フェス[ROCKAWAY!MUSIC FEST!]にてライブペイントで参加し
BROOKLYNにあるSBC GALLERYにて現地のアーティストと共に展覧会に参加する。
また、世界中の絵描きが集まる街、ブッシュウィック(NY)に在するホテル[NY MOORE HOSTEL]のフロアに10mの壁画を残す。
現在は自身のアトリエを軸とし、定期的に展覧会を開催すると共に、シルクスクリーンによるオリジナルプリントなども行い創作の日々を過す。

 

 

 

 

 

 

 



国内外から厳選した植物を栽培販売しているPlantsBrand『spinam』からご依頼によりブランドロゴを作成しました。
この作品は多肉植物を表していて下から水、根、茎、葉、花という感じで描きました。
こちらのブランドロゴをあしらえた植木鉢の発売に伴い10月に大蔵家Atelier&Galleryにて僕とspinamのコラボエキシビションを開催致します●
詳細も決まり次第お知らせ致します!



明日から開催される『古杣音楽祭2018』にライブペイントと大蔵家のフラグショップ出します。是非✔して下さいませ!



今年は古杣のオリジナルカリグラフィ作りました。会場にてプリント出来ますのでそちら是非✔お願いします!





現在、開催中の個展も残すところ後、3日となりました。
今回の展示では、今までの個展ではあまり無かった反響を頂いてます。
それは、『笑い』です。



「黒か白か展」からのストイックな期間を経てその反動からか、ポンと産まれたキャラクター「名も無き者」を世に出した時から肩の力が抜けたような気がしてます。



作風に関しては言えば、今まで自分のやってきた事が一巡し、2回転めに入ったようで、今までとは違う楽しみ方が増えた。
夜中に自分で作った作品を見て、笑ってしまう。果たしてコレを展示して良いものだろうかと。。こんなバカげたモノを堂々と自分の作品だと言うことに笑えてくる。
けど、『笑い』の力とは、とても強いものなんだなと。
そう、それはストイックな作品と等しくあると。

そんな事を今は感じています。


また、新作『モナリサーモン』のポスターをこちらでも発売しました。
親父ギャグではありますが宜しくお願いします笑


明日の金曜日は夕方17時まで会場にいます。
ラスト週末は終日、在廊してます。
それではお待ちしております●





『Yohei cocologue Sakai展』
-名も無き者とコラージュの刻-

2018/6/16〜7/8
@ S.H.S鳥屋野[LITTLEYORKE LABORATORY]
住所/新潟市中央区女池南3丁目5−1
開場時間/10:30〜19:00
最終日/18時まで
定休日/水曜日
入場無料


さて日付が変わって本日から個展がスタートします。

今回の見所は僕がアートを志した頃の技法であるコラージュに焦点を当て、過去の作品と現在の作品の変化を楽しんでもらえたらなと。後は、前回の個展から登場した「名も無き者」の世界観も合わせてご覧頂ければと思います。

 

それから先着22名様にハンドメイドステッカーをプレゼントします。

 

皆様のご来場お待ちしております。

 

『Yohei cocologue Sakai展』
-名も無き者とコラージュの刻-

2018/6/16〜7/8
@S.H.S鳥屋野[LITTLEYORKE LABORATORY]
住所/新潟市中央区女池南3丁目5−1
開場時間/10:30〜19:00
最終日/18時まで
定休日/水曜日
入場無料

 

 

大蔵家にて開催しておりました個展が本日終了致しました。

今回の個展では新キャラが登場し、個人的にはずっと作りたかったものが出来たので記念回のようなものでしたが、かなり賛否両論でしたが(笑)

人によっての見え方ってそれぞれなんだなと本当に改めて思いました。

「何故これが生まれたの」?とか「これは人?女?男?」とか「これが耳?」「名前あるの?」など、たくさんの疑問を持ってもらえたことが嬉しかった。

特に名前についての質問は多く、「名前はまだ無いんです」と返答を繰り返すうちにいつしか名前がないということを名前にしようと思い、

『名も無き者』という名でとりあえず落ち着きました。

 

僕もARTを観賞する時は、「ナゼ?」と疑問をもって見ることも一つの楽しみ方だと思っていて、決して答えがある訳ではないのですが

自分の考えの範囲を超えた作品はやっぱり刺激を受けます。

 自分の中で新しく見つけた表現をこれからも大切にしていきます。

ご来場頂きましたみなさん本当にありがとうございました。

 

さて、今回の個展が終わったばかりですが、次の個展が決まりました。

次回は今週の土曜からスタートします。場所は今年の1月にも展示した新潟市のS.H.S鳥屋野にて。

今度は1棟目のLITTLEYORKE LABORATORYの前での個展となります。

 

次回は「名も無き者とコラージュの刻」と題しまして。今回登場した僕のキャラクターと僕がARTを始めた頃の技法であるコラージュ作品を展示しようと思います。

以前に作っていた作品で今まで一度も展示したことのない作品も、新作も展示します。

コラージュとは「糊付け」を意味する言葉ですが、現代アートでは、手書きのコラージュやグラフィックコラージュなど様々な素材をミックスするというような意味合いに変貌をとげています。また、アートの表現以外でもコラージュミュージックやコラージュムービーなども存在しています。

次回の個展では、自分なりの新しいコラージュの表現を追求してみたいと思っています。

 

また会場ではシルクスクリーンによるカスタマイズプリントも行います。

持ち込み衣類(コットン系)もOKですし、Tシャツなど無地の物も多少も揃えていますので

是非、チェックして下さい。

 

 

基本的に週末は在廊する予定です。その他の在廊日に関しては各種SNSにてお知らせします。

それでは皆さんのご来場をお待ちしております。

 

『Yohei cocologue Sakai展』
-名も無き者とコラージュの刻-

2018/6/16〜7/8
@S.H.S鳥屋野[LITTLEYORKE LABORATORY]
住所/新潟市中央区女池南3丁目5−1
開場時間/10:30〜19:00
最終日/18時まで
定休日/水曜日
入場無料

 

 

 

 

 

 

 

営業時間変更のお知らせです。

明日、6月2日(土)は11時〜16時までとなります。

ご来場予定の方、お間違えないようお願い致します。

さて現在開催中の個展ですが6/10(日)までとなりました。

残り8日程度となりましたが、最後までご来場お待ちしております。

 

『Yohei cocologue Sakai 展』
【2018/4/28〜6/10】
●土、日、祝の11時〜17時
閉場については各種SNSなどでお知らせ。
※平日はアポイント制にて来場OK。
(アポ時間は11時〜21時の間、mail,SNSなどで連絡下さい)
■大蔵家Atelier&Gallery
観覧料:500yen w/1Drink
※高校生以下無料

 

 

 

 

個展に来場してもらった方々との会話が刺激になっています。

毎回行っていたオープニングレセプションは今回せず、告知もSNSがメイン。

それは、個展というカタチが自分にとって特別な事ではなく、当たり前の事のように思えたから。

そんな心境の変化の中に、足を運んでくれる方々。

週末に限らず平日もアポイントが入る。

時間調整ができるのでお客さん同士のバッティングがなく来場してくれた人とゆっくり話が出来ている。

それが、今の僕とって非常に刺激になっている。

近況を語ったり、夢を語る。

どれも個性的で興味深い内容だ。

普段の生活週間を記録し、見直す。

やりたい事と仕事の境界線。

何に重きを置き進んでいくか。

作家同士のARTに対する向き合い方。

初めて来た方は道に迷い迷い。

友人が大きなプロジェクトを動かしていた。

驚く程にスケールがデカイ。凄いなと。

その焚き上がる情熱の火種をもらって

僕もずっとアタマにあるプロジェクトを練っていこうと。

さて、本日もアポイントのお客さん達とどんな話ができるかな楽しみです。

あと、上の写真は今回の個展にて展示しているNYのSUBWAYMAPに描いた作品です。

 明日からは土日。通常OPENします。

 

 

『Yohei cocologue Sakai 展』
【2018/4/28〜気分次第で終了】
●土、日、祝の11時〜17時
※とりあえず5月中は開催します。閉場については各種SNSなどでお知らせ。
※平日はアポイント制にて来場OK。
(アポ時間は11時〜21時の間、mail,SNSなどで連絡下さい)
■大蔵家Atelier&Gallery
観覧料:500yen w/1Drink
※高校生以下無料
 
 

 

 

さてさて現在、僕の個展は今週末でようやく5日目を向かえ、今回は週末と祝日を基本に開催しています。僕にとっては作品を創って飾るといういつもどおりのルーティーン。

このライフワークに来てくれたお客さんとのトークが楽しみである。

今回の個展に登場したこのオリジナルキャラ。追い求めたのはNOWARLISAを創ったときから自分のキャラクターを創りたいなーと思い始めた。でも何を描いても気に入らず、どこか誰かのマネだったり、それからいつか掛けるはずと、ちょこちょこトライしていた。追い求めて11年。ずっと描きたかったものが描けたのでもう嬉し過ぎて一気にTシャツ5型も作ってしまいました笑。これが出来た時というのは、無意識に近く

キャラを描こうとはしていなかった。新聞紙になんとなく筆を走らせていた時にサラッと出て来た。

皆さんは突如、現れた!と思われるかもしれませんが、僕にはコレが生まれるまでの経緯が全て繋がっている。

 

 

これが原型。

 

でも追い続け、忘れなければいつか出来るんだなと思った。

来場してもらった方々は皆さん口を揃えて言う。

名前はあるんですか?

僕も名前を付けたいなーとは思っているけど、なんかしっくりくるものがなくて今はありません。

とりあえず皆さん好きな様に呼んでほしいと。

なので今回、発売したTシャツのタイトルもとりあえずのX(エックス)にしています。

これからも書き込んでいこうと思ってますので、どうぞご愛好の程を!

 

 

 

 

 

新たにTシャツ発売しました。




ご来場お待ちしてます●

『Yohei cocologue Sakai 展』
【2018/4/28〜気分次第で終了】
●土、日、祝の11時〜17時
※とりあえず5月中は開催します。5/3は閉場、その他の閉場については各種SNSなどでお知らせ。
※平日はアポイント制にて来場OK。
(アポ時間は11時〜21時の間、mail,SNSなどで連絡下さい)
■大蔵家Atelier&Gallery
新潟市秋葉区七日町1010
観覧料:500yen w/1Drink
※高校生以下無料
contact:
www.cocologue.com

 写真:ヤマクラコウジ

 

 

1..2..3..と流れていく事、人、時。到底「全て」なんて手に入れるを事を必要としない日々の欲望と希望の中で、どちらを目指してい行くかそれぞれ。「どれどれ一つやってみるか」と背中を押してくれる応援と期待に応えたいとオリンピック選手に重ねて自分の弱さに鼻を摘む。そんな中、チカラを与えてくれる身近な存在と、これが好きなんだという不確実な確信。

キミはどっち?  

問われるような「黒か白か」

わかるよ。割り切れないことも。その中に生まれる灰色も。大人になって身につけたその技も今となっては愛おしい。

嫌気がさす冬。でも真っ白な世界を毎年楽しみにしている。

心を洗われる感覚がほしい。この世は黒。黒があるから白が美しく見える。

嫌、白があるから黒が美しく見える事も。

俺は生きている、嫌、俺が生きている。確かに。でも生かされていると考えると物事に対して紳士に向き合える気がする。この違いは一体?

 

大都会じゃなきゃ味わえないものがある。言えば味わなくて良いモノもある。田舎でしか見えないものもある。別に見なくて良いモノもある。

でも、最初はみんな田舎から始まったんだよ。田んぼや畑からね。

この道はどこまで続くのだろうか。

ここは終着点ではないよ。もちろん。でも荷を降ろせ。燃やせ。

雪原に火を灯すように静に。今は静かに。

新たに開く扉。未知なる道へ進む為に。

永遠という幻の今に希望を重ねる白。

苦悩の日々に重圧の黒。

逃げ込む先、許せ灰色よ。

ありがとう。

 

 

Title : 道@NY

 

 

 

さて、「黒か白か展/続編」も残すところあと7日程となりました。

ご来場頂きました皆さんありがとうございます。

初日に行ったライブセッションの様子を今回、参加してもらっているフォトグラファーのヤマクラさんに写真を撮って頂いた一部を載せます。

天候は最悪でしたが、たくさんの人に来てもらいライブも楽しかったです。

 

 

 

 

この時に演奏してくれたAstronautsの生音源も会場にあります。

素晴らしい音源になっています。是非、チェックしてください。

では、最後までご来場お待ちしてます。

 

『黒か白か展』続編 @S.H.S鳥屋野店3/2F
2018/1/14(日)〜2/18(日)

<Artists>
Yohei cocologue Sakai
渡辺 丈夫
ヤマクラコウジ
LITTLE YORKE

会場:S.H.S 鳥屋野店 [S.H.S 3/2F]
住所: 新潟市中央区女池南3丁目5-1
入場無料
【開場時間】
平日/12 : 00〜17:00
土,日,祝/11: 00〜18:00
定休日/水曜(1/31は開場)
TEL : 025-290-8220
WEB : shs-web.com


Curated by
大蔵家Atelier&Gallery